2008年06月01日

その後の「無限のフロンティア」〜怒濤の乳揺れ編

ソフトに入っていたオンラインアンケートに「最低9〜10時間プレイしてからお答えください」とあったので律義に9時間ほどプレイしてみた。
アンケートにも書いたのだが、スパロボOG(というよりはあの世界観)が好きなら買っても損はないと思う。戦闘の難易度のわりにダンジョンが簡単だったり、マップが解りにくかったり細々と不満はあるけど、戦闘が退屈しないコマンド式RPGってことで楽しんでいる。

ただ、このゲームを買って一番ウケる人種は、スパロボの戦闘カットインでクスハやゼオラ、セレーネの乳揺れに萌えまくった人ではなかろーか?
敵も味方も女性キャラが大半ないすばでー(たとえば、メインヒロインの神夜は推定100センチ…らしい)なので、戦闘になると揺れまくる。
むかしDoAがセガサターンで出たときは嬉々としてやったなあ…と遠い目をしてしまうぐらい、このゲームは乳揺れゲーだと思う。
そういえば、プレイして得られる感覚はRPGよりむしろ格ゲーっぽいかも。ボタン入力のタイミングとか(まあホントの格ゲーみたいにシビアではないけど)。

なんだかんだで、ストーリーとかゲームのコンセプトとしては面白い試みだと思うので、ぜひ続編が出て欲しいと思っている。




とりあえずKOS-MOSが揺れるとは思わなかった。ぷるぷる。
posted by モバ at 01:05| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Game | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。