2006年08月22日

「処女はお姉さまに恋してる」超簡易レビュー(含ネタバレ)

ってことで、アニメ化したりして今さら感の強い「おとぼく」レビュー。

あらすじ。
イギリスのパブリックスクールを手本に作られたお嬢さま学校、恵泉女学院。
主人公は祖父の遺言と幼なじみの陰謀(笑)により、そんな学校に転入する羽目になった。……女装で。
文武両道、眉目秀麗な彼はあっという間に生徒たちの人気を集め、生徒達の憧れの人である「エルダーシスター」の称号を獲得してしまう。
女子校で「お姉さま」と慕われることになった「女装変態男(本人談)」の運命やいかに!?

改めて書くとなかなかぶっとんだ設定ですね。
ちなみに、2chのゲハ板なんかでは「婿殿」という愛称で親しまれております。
以下ネタバレを含むので、読みたくない人は回避してください。

で、のっけからアレなんですが、この設定と公式サイトの粗筋を見て、正直トラヴュランスとかにあるような頭の悪い(褒め言葉)バカエロゲーだと勝手に判断してました。ほら女子校だし。なんかハーレムっぽいし。
主人公がどうみてもありえないぐらい女顏だったりすげぇ女装の似合いっぷりだったり、18歳なのにその線の細さはどうなのよとかそういうヤボなツッコミはしません。ええ、しませんとも。

ところが、これがなかなかどうしてちゃんと恋愛モノしてるんです。ヒロイン6人の個別シナリオがちゃんとある上に、ハーレムルートがない。
ただ、個別ルート自体がさほど長くなく駆け足っぽいのが難点かも。主人公が男であることを知らない故に苦悩したり、真実を知ってしまった後の「大切な人に嘘を吐かれた」という思いをもう少しじっくり描いて欲しかったなぁと。一子にいたっては根本的解決してないし。とらハの春原七瀬ルートみたいにする手もあったと思うんだけどなぁ。
でも概ねプレイしてて楽しいです。小鳥遊圭や高根美智子などの脇役もイイ味だしてます。デフォルメキャラも可愛いし、照れて全身真っ赤になるエフェクトなどもよくできてるし、シナリオも小ネタを散りばめてあったりオマケシナリオがあったり、けっこうサービス良いと思います。

結論としては、「さすがにアニメ化するだけのことはある」ってことでしょうか。アニメ化そのものには(声優さんとか)いろいろあったみたいですけど……
posted by モバ at 03:46| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Game | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。