2008年06月11日

DSアドベンチャーゲーム総ざらい!

ニンテンドーDSでひそかに(大っぴらに?)熱いアドベンチャーゲーム。
既にブログで触れたものも含めて一挙に感想を述べてみよう!

★で個人的評価を付けるよ! 5個で満点だよ!
なるべくネタバレは避けるけど、嫌いな方はご用心!


(1)逆転裁判シリーズ★★★★★








 カプコンの超人気シリーズ、3の発売によってついにDSで一通り遊べるようになった「逆転裁判」。バックログがないことを除けばほぼ完成されたシステム、逆転に次ぐ逆転で手に汗握るシナリオ、個性的(すぎる)キャラ、よく動くグラフィックとミステリアドベンチャー好きならたぶん外せないタイトル。
 1〜3と4に時間の断絶があり、主人公に関してかなりドラスティックな変更があるので、4は好き嫌いが分かれるところかもしれない。もともと3できっちり完結するように組まれたストーリー(1の好セールスを受けて2と3は同時に開発に入ったんだとか)なので、まあ新しいシリーズが始まったばかりの4がいささか浮いて見えるのは仕方ないところかな?個人的にはかなり好きだし、5や6に期待。

(2)DS西村京太郎サスペンス、山村美紗サスペンス★★★★
 ブレイク前の浜崎あゆみが出ていたドラマに思いをはせたり、亀さんと聞けば愛川欽也か伊東四朗が思い浮かび、橋爪功とともにJR時刻表をめくったり、「オカメじゃありません、オトメです」と市原悦子のモノマネをしてみたりする。
 メジャー局の2時間サスペンスなら一コマ見ればだいたいシリーズ名が解るほどの2時間サスペンスマニアであるところのワタクシにとっては、まさに自分のために作られたかのような作品。
 オープニングムービー、アイキャッチなどの演出、音楽やシチュエーションなどあらゆるところに2時間サスペンスを彷彿とさせるお約束の演出が組み込まれ、「西村〜」ではお馴染み時刻表トリック(かなり簡単だけど)も登場するあたり、かなり凝った造りだと思う。密室の謎、複雑過ぎる人間関係などまさしくサスペンスそのもの。また、探偵役のキャラが犯人や隠し事をしている人間と対決するところがバトルっぽい演出になっていたりするのも面白い。
 ただ、操作がペンでもボタンでも出来る代わりにそれぞれ面倒な点があるところが気になる。ペンだとメッセージ送りにいちいち画面をタップしなくてはいけないし、ボタンだと画面上のモノをタッチするのに十字キーでもっさり動くカーソルを使わなければならない。これは正直言ってストレスが溜まる。そのあたりは第2弾の「山村〜」でも改善されていないのが残念。
 また、ミステリゲームとして考えるとあまり謎に歯ごたえがない。「西村〜」にはメインのストーリー以外にミニ推理ゲームが入っていて、こちらはそこそこ難易度が高いものの、「山村〜」のおまけは京都の雑学クイズやゲーム中の用語辞典などなのでミステリ好きには微妙かも。
 そのあたりちょっと難点はあるけど、2時間サスペンス好きにはお約束満載でたまらない。ということで★4つ。

(3)探偵神宮寺三郎シリーズ★★★★★
 ミステリというよりはハードボイルド。この喫煙者受難の時代において、周りに気を遣いながらもマルボロを吸い続けカミュを手放さない探偵、神宮寺三郎の活躍を描くシリーズ。ファミコン第1作が20年ほど前にデビューして以来、地味にファンを持つ良作。
 DS第1作となる「いにしえの記憶」と、最近発売された第2作「きえないこころ」の2本が出ていて、それぞれ表題作の他に過去の作品(ファミコン時代のものをケータイアプリ向けにリメイクしたものなど)やSDキャラが活躍する「謎の事件簿」シリーズを含むため、2本で20話ほどのストーリーが楽しめる。オマケ要素もわりと豊富で、値段も普通のDSゲームより少し安めなので、お得感あり。
 メインストーリーは基本的に総当たりしとけばゲームオーバーにはならないし、選択肢自体もさほど難しくない(「きえないこころ」はオマケ要素を出すべくパーフェクトクリアを狙うとそれなりに大変だけど)のでじっくりとストーリーを楽しめる。というより謎解きには期待しないほうがいい。神宮寺の男っぷりと洋子さんの健気っぷりを楽しむためのゲーム。夜明けの歌舞伎町をブラインドの隙間から眺めながらタバコをふかすような渋い漢が好きなら、ぜひとも手を出してみるべき。

(4)刑事JBハロルドの事件簿★★★
 かつてPCで出たシリーズ第1弾「殺人クラブ」のリメイク。神宮寺並み、あるいはそれ以上に渋い中年刑事、JBハロルドが主人公のハードボイルド作品。レイモンド・チャンドラーとか好きそうなシナリオライターがものすごい勢いで書いたんじゃないかなーというようなシナリオ分量。ただしコマンド総当たりで登場人物もものすごく多いうえ、ある人から話を聞いたりすると他の人に新たな選択肢が登場する、というような感じなので総当たりの作業がかなり苦痛に感じられる。それさえ乗り越えられれば話自体はおもしろいのでお勧め。

(5)DS湯けむりサスペンス フリーライター橘真希★
 たぶん買うと後悔するタイトル。旅行雑誌のライター、フリーカメラマン、温泉モデルの3人娘が織りなす笑あり涙あり色気ありそして殺人ありの珍道中……と思ってゲットしたんだけどなあ。
 立ち絵はすべて実写取り込みで、背景も実際の観光地に許可をもらって使っているうえに、メーカーが地図ソフトで有名なゼンリンゆえかマップがやたらと凝っている。舞台となるのは城崎、洞爺湖、湯布院の3ヶ所で全3シナリオ。ボリューム感もないし第2話に至ってはミステリじゃないし、第3話は気を抜くとバッドエンド(というか選択肢がほぼ必ず天国か地獄かの2択しかない)で、歯ごたえというよりは単なる意地悪な印象しか受けなかった。
 それと、キャラクターが何となくビジュアルイメージに引っ張られてる感じというか……単にキャラが立っていないだけかもしれませぬが。
 ちょっとキャラ立ちすぎなのが、善隣太郎(ゼンリンタロウと書いてミヨシ・リンタロウとよむ)というヤツ。メーカーのお遊びというか、たぶんウケを狙ったんだろうけどかなりスベってる感じが。ええ。まあ、単なるオカシな人かと思いきや第3話できっちり話に絡んできたんで多少はイメージ良くなっt……やっぱダメだろアレ。
 ちなみにクリアしたシナリオごとに、舞台になった街の観光案内というオマケが出てくる。これ自体は悪いアイデアではないけど、DSの小さい画面をにらみながらこの情報を役立てられる人ってどのくらいいるんだろう?

ラベル:DS ゲーム
posted by モバ at 09:55| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Game | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。