2008年03月31日

疲れた( ´ ω`)

ここんとこ色々あって解ったこと。
自分が思った以上にロマンチストで、ついでにとても打たれ弱くて女々しい(この言葉あんまり好きじゃないんだけどね)ということ。
一つの失敗から失ったモノの大きさを考えただけで目眩がする。そういえば小さい頃からモノが壊れる、失くなることにとても敏感だったなあ、とか何とか。

とはいえ、前は少々凹んでも、その辺を車でひとっ走りしてくるだけで割とどうでもよくなったもんだけど…人並みに繊細さを身につけたらしいっすね。もしくは中2病か?中学2年なんて今の半分の歳じゃないかwww我ながらなんという精神年齢の低さ。


まあ、原因だの結果だの過程だのが何であれ、めんどくさいからもういいや。何を書きたいのか自分でもよくわからないし、書いても読んでる人いなさそうだから構ってちゃんなぼくとしてはあまり面白くないし。
posted by モバ at 17:54| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Daily | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月25日

アクチアクチってうるさいお!(#^ω^)

Windows Vista SP1を入手したので、グラフィックボードに比較的余裕のあるiMacにインストールしてみることにしたら、とてつもなく苦労したので自分のためにもメモ。赤い数字の所はシリアルなどを入力したところです。合計8回は個人的に多すぎると思うのですがどうでしょう?

まず腹が立つのがWindows XPのアクティベーション。iMacのBoot Campパーティションから削除してMacBookにインストール(1)してみたところ、「ライセンス認証の回数制限を」云々のメッセージが。さっそくマイクロソフトに電話して、54桁の番号を打ち込み42桁の番号をもらう(2)。

Boot CampだけだとWindowsを使いたいときにいちいち切り替えなければならないので、ちょうど乗り換えキャンペーンで安く買ったものの使わないでいたVMWare Fusionをインストール(3)Boot Campパーティションから立ち上げてみると、またライセンス認証の(ry仕方ないのでもう一度電話して54(ry(4)

ParallelsでBoot Campパーティションを使う場合、Boot Campで認証→再起動してParallelsで認証→Parallels Toolsをインストール、という手順を踏めばアクティベーションは聞かれなくなる。ところが、VMWare Fusionには今のところ起動し直すたびにアクティベーションが必要らしい(発売元アクトツーのサイトより)。つまり、1台のマシンで(同時使用することがないにもかかわらず)2ライセンス必要ということになる。…それはおかしいだろ常考

そもそもわざわざBoot Campを使うのは、何かの時に仮想環境ではなくWindowsネイティブな環境が必要になるかもしれない(けど普段は起動し直すのが面倒w)からなので、仮想環境だけでもBoot Campだけでも意味がない。仕方ないのでiMacからParallelsをアンインストールしてMacBookに入れ直す(5)。そこで、手順に従ってBoot Campから起動してみるとまたライセンs(ry(6)疲れ果ててParallelsを起動してみると案の定ライs(ry(7)

すべて通過して一息ついたあと、初音ミクと鏡音リン&レンをインストール(8)して、紆余曲折のすえようやく想定していた環境を作ることができた。

それにしてもシリアルだのアクティベーションだの、何度繰り返せばいいのだろう。もちろんここに挙げたソフトは割れ物などではなく、すべて正規ライセンスだ(Windowsに至ってはDSP版なので、同時購入したメモリまできちんと移動した)というのにこの仕打ち。もっとスマートなライセンス認証はないものかねえ( ´д`)=3
極論かもしれないけど、ハリウッド映画の500円とか980円シリーズみたいに思いきって値下げして、コピーする気力を失わせるようにすればいいんじゃないのかね?どうせソフトなんて中身さえできあがれば後はメディア代だけなんだし、薄利多売っつーかコピーが割に合わないぐらい安ければ売れるんじゃないか、ってのは素人の浅知恵なんでしょうかね?





1)Windows XPのプロダクトキー入力
2、4、6、7)マイクロソフトに電話、フリーダイヤルなのが救いだけど、電話で聞いた数字を1個も間違えずに入力するのは結構神経を使う
3)VMWare Fusionのシリアルキー入力
5)Parallelsのシリアルキー入力
8)ところでこの2本、ヤマハのVOCALOIDというソフトを使っているので、そのアクティベーションが必要だったりする。これがまた面倒なやり方で、シリアルキーの入力とともに使っているPCのハードウェアと関連付けてアクティベーションキーを生成し、ヤマハのサーバに送信するというモノらしい。認証に使えるハードウェアはVOCALOIDをインストールしたHDD、もしくはネットワークアダプタのどちらか。ちなみに回数も3回までと制限されていて、それを超えた場合発売元のクリプトンに連絡してリセットしてもらわないといけないんだとか。もうね、アボガドバナナかと(ry

と、ここでもう一つ困った問題が発生した。Boot CampとParallelsでは、同じマシンでありながらHDDやネットワークアダプタが変わってしまうこと。Parallelsはあくまで仮想環境なので、どちらもParallelsの用意した仮想のHDDやネットワークアダプタと認識されてしまうのである。つまりアクティベーションはどちらか一方でしかできないわけだ。
VOCALOID Wikiを見てみると、どうやらネットワークアダプタについてはMACアドレスで同一カードかどうかを判断しているらしい。そこでParallelsの設定で、仮想ネットワークアダプタとMac本体のMACアドレスを揃えてみたところ、案の定アクティベーションについては聞かれなくなった。
posted by モバ at 03:10| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac/PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月24日

ワンセグ尽くし。

あきばおーで特価販売されていたイー・レボリューション社のSEGNITYが届いていた。「ツンデレワンセグ」と言えばわかる人もいるかもしれない。ツンデレ声優として有名な釘宮理恵さんのボイスが仕込まれた携帯型ワンセグテレビである(ちなみにぼくはハガレンのアルぐらいしか印象に無いのであんまり「釘宮=ツンデレ」にピンと来ない)。
さっそく開梱してみると、本体、スタンド、説明書と至ってシンプルな中身。電池も同梱されていないというのはなかなか潔い。ついでにパッケージを見ると「エネループを推奨します」との但し書きが。たしかに、単4電池を使い捨てしまくる(たぶん電池の持ちはさほど良くないだろうから)のは環境にも財布にも優しくない。
とりあえず手元に単4のエネループが無いので、卓上での使用を想定して付いているのであろうUSBミニ端子経由で給電してみることにした。いざスイッチオン!

…当然映らないorz

バッファローのちょいテレと違ってF型アンテナも使えないので、ほんとにただの箱。あと割りと目立つところにドット欠けがひとつ。仕様の範囲内なんだろうし7000円弱の製品にこれ以上を期待しちゃいけないとはわかってるんだけど、結構目立つなあ…(´・ω・`)

映像についてはエネループ入手後に映るところでチェックするとして、その他の特徴をチェック。
このSEGNITY、最たる特徴は何といっても「ツンデレモード」にある。ボリュームやチャンネル、画面輝度の調整をするたびに釘宮さん演じるツンデレな女の子の声が入る。ずっと使い込むとツンデレ→デレ移行するらしいがまだそこまで行ってないので何とも言えない。また、録画は出来ない割り切った仕様ゆえか価格がとても安い。ぼくは税込み6999円で購入した。

SEGNITYは普通のワンセグテレビとしても使えるように、通常のテレビモードと音声が出るVOICEモードが別になっている。スライドスイッチひとつで切り替えられるし、音声以外はヲタ臭のする部分は基本的にないため、ごく普通のワンセグテレビとして持ち歩くことが可能だ。
スイッチ類は画面右側にチャンネル、ボリューム、輝度、左側にメニュー、+ボタン、−ボタンの計6個。本体上側に電源のスライドスイッチ(誤操作防止のホールドや前述のVOICEモードにもこれで切り替える)と周波数チューニングボタン。
端子類は本体右側面にminiSDカードスロット、左側面に外部アンテナ、ヘッドホンジャック、USBミニ端子が備えられている。ちなみに、miniSDカードは本体カスタマイズ用に使われるもので、録画などは行えない。
値段が値段だけに質感とかそういうものを求めてはいけない。かといってむきだしでガンガン使えそうなほど頑丈にも見えないのが悩ましい。


さすがにビックサイトあたりなら映りそうだし、コミケで並んでるときに使えば注目をあびる優れたツールになるやもしれませんな。釘宮派にもアンチ釘宮派にもww
posted by モバ at 03:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Digital Gadgets | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月17日

前進的停滞、停滞的漸進。

一度、彼女との関係を一歩引くことになった。活動休止とでも言えばいいのだろうか。まるでどこかのバンドのようだが、いずれ復活できればという希望も込みでこういう表現にしてみたい。

理由はうまく書けないので割愛するが、二人の事情を鑑みて二人で出した結論なので、寂しくはあるけれど後悔はしない。のちのち、「あの頃はこんなこと言ってたんだっけ」と笑い飛ばせる関係に戻るためにも、今はきちんと自分の事情に集中したいと思う。
posted by モバ at 06:44| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | Daily | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月14日

わんせぐうつらないよ。

以前、Logitecのワンセグチューナーをアウトレットで買ってみたものの、1チャンネルも映るどころか電波さえ捕まえられない自宅付近の状況の悪さに絶望した!ことがあった。そのチューナーは絶望ついでに売り払った(もとが安かったおかげで差額は1000円ぐらいで済んだ)。

んで、喉元過ぎればなんとやら、ってわけで。

「しばらく経ったしちったぁ電波まともになってんじゃね?」とバッファローのワンセグチューナー「ちょいテレ」をゲットしちまいました。Mac/Win両対応でデータ放送にも対応したモデル、おまけにアンテナは交換可能で29cmの高感度アンテナ、13.5センチのコンパクトなアンテナ、窓際に立てる外部アンテナ、テレビのF型アンテナ線と繋ぐコネクタなどなど、どうにかして受信してやろうというオマケが大量に付いている親切っぷり。
こりゃ期待もてますね?といそいそセットアップして、自室の出窓ギリギリに外部アンテナ置いて…スイッチオン!


(´・ω・`)
(´・ω:;.:...
(´:;...::;.:. ::;... ....

さすが山の中だね!

ちなみにテレビのアンテナ線に繋いでみたら映ったけど、それなら普通にテレビ見りゃ済む話なわけで…いくらデジタルでも320*180のMPEG4じゃ大した画質じゃないわけで…データ放送も表示はされるけどリンクはだいたい携帯専用だったりするわけで…

もはや堪忍ならぬ! 是が非でもモバイルして使わなければ気が済まぬぞ! さいわい手持ちの携帯はワンセグ?何ソレ美味しいの?と言わんばかりのノキア製ッ! よって荷物は無駄にはならぬッ! でも普通にワンセグ用テレビとかワンセグ対応ギガビートとか買ったほうが確実なんだろうなと思った。
ラベル:デジモノ
posted by モバ at 08:43| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Digital Gadgets | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月11日

むかしのMacを懐かしむ(2)

その後、わが家には’98年にiMac DV(ストロベリー)、2000年にiBook SE(グラファイト)、2001年にPowerBook G4、2004年にiBook G4(以前のエントリで紹介したもの)、2006年にIntel iMacが2台。この合間にPanasonic Let’sNote W2もあったりしたがMacではないので割愛するw

Macに限った話ではないが、やはりノートPCが好きだ。機械として「これだけのものを持ち運べる!」といううれしさもあるが、何より書いた原稿やメール、iTunesに取り込んだ音楽、デジカメの画像など「自分の世界」を全て持ち運べることのヨロコビと安心感は格別なものがある。その安心感を得るために、かつては3キロ越えのPowerBook190やiBook SEを根性で持ち歩いていたし、PowerBook G4に至っては海外でも持ち歩いた。

パソコンは基本的に消耗品、特にモバイル機は使い込めば使い込むほど早くボロボロになっていく。というわけで、一番使用頻度の高かったPowerBook G4はホントにボロボロだ。もちろん、長く使うために大事に扱ってきたつもりではあるけど、外装はあちこち剥げ、ヒンジ部分には謎の黄ばみ、ゴム足は行方不明、バッテリーはへたり過ぎてダメダメ、液晶の下端にわりと目立つドット欠け(持ち運んだときに圧力がかかったせいで欠けた模様)などなど、数えればキリがない。清水の舞台から256回飛び降りる勢いでないと買えないような機種だったのに、ソフト的にもハード的にもガンガンいじりまわした。それでも修理に出すような致命的な故障がなく(HDDトラブルはあったけど交換して事無きを得た)ここまでやって来られたのは、とてもラッキーだったと思う。
その間使ったOSも9.2.2、10.1〜10.4の実に5世代。わが家にあったパソコンの中で最も長く現役を張り続けてくれた。今でも時々電源を入れてMacOS9を触ってみると、あまりに今のOSXと感触が違い過ぎて戸惑う。考えてみれば、もうOS9以前を使っていた期間とOSXを使っている期間が同じぐらいなわけで、それだけOSXに慣れてしまったということなのだろう。

ちなみに、今でもニコニコ動画を見ようとかしなければそれなりに使えるし、Classic環境ではないOS9ネイティブのマシンとしては割と高性能なほうでもあるので、サブのWeb&Mail用マシン(&OS9でしか使えない古いソフト用)としてスタンバイしてある。
posted by モバ at 01:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac/PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月10日

むかしのMacを懐かしむ(1)

長らく使っていなかったPowerBook G4(DVI/667)を久々に引っ張り出して、OS9を触っていたらふと懐かしくなった。

ぼくが初めてパソコンというモノに興味を持ったのは1994年、中学2年のこと。友達の家で初めて触ったのがMacintoshだった。たしかCentris 610だったかな?彼の家は両親が医者で――後で知ったことだけど、医療業界は画像処理に強かったMacを使う人が多かったらしい――仕事に使っていたマシンだったようだ。その時はあまり興味がなかった。なんだか訳の分からない箱をいじる友人がちょっとカッコよく見えたりはしたが、それ以上には思わなかった。

わが家にもPCを、という話が起きたのは、約1年後の1995年末、Windows95が爆発的なブームになった後のことだ。その頃はぼくもPCでのゲームを彼の家で遊ばせてもらうことが多くなり、自分でもちょっと欲しいかも…と思っていたわけだ。とはいえ当時は本当に知識がなく、「とりあえずあいつがMacだしウチもMacだと何かと便利なんじゃないかな」というだけで両親を説得し、当時家庭向けとして売られていたPerforma5210というMacがわが家にやってきた。もしあの時、彼の家にあったのがNECの98とか富士通のFMVとかだったら、たぶんぼくはMacなんぞ見向きもしなかったんじゃないだろうか。

今のiPodもMacも好調な時代から見ると信じられないが、1995年〜1998年ごろのAppleは本当に迷走に次ぐ迷走、本気で会社が傾きかけていた時期だった。消費者を迷わせる似たようなラインナップの乱立、発表だけしてなかなか入荷しない新製品とその影で型落ちとして値崩れしていく在庫の山、夢だけ語って散った次期OS“Copland”や“Gershwin”開発計画の頓挫を初めとする「夢はあるけど飯は食えない」プロジェクトの数々、この頃はたぶんAppleもMacユーザーも最も不遇な時期だったと思う。

そんな中、高校2年になったぼくは友人から中古でPowerBook190を譲り受け、初めてノートPCのユーザーになった。3キロもあるのにモノクロ液晶でCPUも68LC040という超廉価版(ちなみにApple最後のモノクロマシン)だったが、うれしくてモバイルしまくった。モバイルといっても今みたいに携帯電話やPHSがデータ通信に向いていなかったので、グレ電(NTTのISDN対応公衆電話)を探して歩いたものだ。当時はそういうモバイルがまだ知られていなかったので、電話をしていないんだからどけ!とおじさんに怒られたりしたのもいい思い出だ。


((2)に続く)
ラベル:Mac
posted by モバ at 23:49| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac/PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月04日

ひさしぶりに熱中した。

どうしても書きたかった話があったので、自伝もどきという感じで書いてみた。日記をつける習慣がないから思い出すのも結構たいへんだったけれど、昔に思いをはせながら無心にキーボードを打つと今の不安が少し和らぐ感じ。

この話は基本的に公開する気はないけど、公開しちゃいたいお話のアイデアはいくつかある。いつか日の目を見るようにがんばってみるかな。



将来ぼくの身に何かあって今回の原稿が発見されたらどうしよう。下手な日記より恥ずかしいぞ…ま、死んでからのことは関知しようがないか( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
posted by モバ at 12:03| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Daily | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。